自然,ふれあい

大好きな海と、その海のために私達ができること

私は海が大好きです。小さい頃から海に連れて行ってもらうのが楽しみでした。地元が東京なので、近くにはあまり綺麗な海はありません。それでも夏休みになると、叔母一家が母と私を千葉の海によく連れて行ってくれました。外房の荒い波に驚いたり、砂浜の貝殻拾いに夢中になったりと沢山の思い出があります。自営業の父もたまに神奈川の油壺の海に連れていってくれました。そこで泳いだのもよく覚えています。

 

海の良さ

今の夫と付き合っている時も2人で毎年海に行っていました。福井、沖縄、屋久島、静岡、千葉などの海に行きましたが、仕事で疲れている時も波の音やどこまでも続く青い水平線、貝殻の落ちている砂浜を見ていると、自分の悩みなどはどうでも良いことのように感じてきます。また、太平洋であれば、あの水平線の彼方にはハワイやアメリカがあり、日本海であればロシアや朝鮮半島があるんだなと、水平線を眺めながら想いを馳せるのが好きです。

 

沖縄の海で体験ダイビングもしてみましたが、水中の世界はまた夢のように美しく感動しました。珊瑚がありクマノミが泳ぐ海は本当に綺麗で、いつまでも潜っていたいくらいでした。今でもその光景はよく覚えています。

 

結婚して今は福井に住んでいますが、もちろん毎年海に行っています。子供たちがまだ小さいので本格的に泳いだりはしていませんが、波打ち際で遊んだりしています。子供たちも海が大好きで、毎年家族全員で海に行くのを楽しみにしています。

 

自然を保つこと

しかし、最近感じることは、砂浜にはゴミが沢山落ちていることです。綺麗な景観が台無しです。もちろん私達は自分たちのゴミは必ず持ち帰ります。さらに、少しでも砂浜が綺麗になるように、最近家族でゴミを拾うようになりました。
また、水の汚染の軽減を考えて最近は合成洗剤ではなく全て石鹸を使うようにしています。洗濯だけでなく、食器洗いにも体を洗うのにも全て石鹸を使っています。
合成洗剤がやがて川に流れ込み、海にも流れ込んで汚染すると考えると、少しでも汚染を少なくできるのではないかと考えました。

 

小さなことから・できることからはじめる

もちろん私達がやっていることは、全体的にはほんの少ししか影響がないと思います。しかし、何もしなければ何も変わらないと思います。少しずつの事が積もり積もって大きくなることもあります。私はこれからも綺麗な海のために、できることをやり続けようと思います。